トレイド・ウィンズ・アソシエイツでは、音楽と美術に出会う旅をご提供しています。ヨーロッパを中心に本場の雰囲気で聴くオペラやコンサート、名画との対面へとご案内いたします。

フェルメールはお好き? ドイツ4都市とアムステルダム10日間

フェルメールはお好き? ドイツ4都市とアムステルダム10日間
デルフト市庁舎と市庁舎広場

タイトル フェルメールはお好き? ドイツ4都市とアムステルダム10日間
期間 2023年3月1日(水)~2023年3月10日(金)
ツアー概要 東部から北部にかけてのドイツ4都市とアムステルダムを、歴史と文化を訪ねながら巡ります。音楽プログラムではドイツ各都市で1回、アムステルダムでは2回、ヴァラエティに富んだ演奏会をお聴きいただきます。
最後の訪問地アムステルダムの国立美術館では、訪問時大規模なフェルメール展を開催中です。現存するフェルメール作品は35点といわれています。過去のフェルメール展では1995年11月から96年2月まで米国ワシントン・ナショナル・ギャラリーで開かれた展覧会に22点、ワシントンと共催して1996年3月から6月に開かれたオランダ、ハーグのマウリッツハイス美術館では1点増えて23点を集めたのが最高記録です。
アムステルダムではそれを上回る27点を集めるべくフェルメール作品を所蔵する世界各地の美術館と交渉中です。最終結果は直前まで発表されないようですが楽しみです。

フェルメールはお好き? ドイツ4都市とアムステルダム10日間 アムステルダム国立美術館「フェルメール展」に出展が決まっている作品

お聴きいただく演奏会
ライプツィヒ: ゲヴァントハウス
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
グバイドゥーリナ:Der Zorn Gottes
ブルックナー:交響曲第7番
指揮:アンドリス・ネルソンス
リューベック: 音楽会議ホール
NDR北ドイツ放送フィルハーモニー交響楽団
ブラームス:ピアノ協奏曲第1番
ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
ピアノ: マルティン・ヘルムヒェン
指揮:アンドルー・マンゼ
アムステルダム: コンセルトヘボウ
パリ管弦楽団
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲
ベルリオーズ:幻想交響曲
ヴァイオリン:ジャニーヌ・ヤンセン
指揮:クラウス・マケラ
ベルリン: フィルハーモニー
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
メシアン:忘れられた捧げもの
細川敏夫:ヴァイオリン協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
ヴァイオリン:樫本大進 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ
ハンブルク: エルプフィルハーモニー
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
モーツァルト:歌劇「皇帝ティートの慈悲」序曲
ハイドン:交響曲第93番
モーツァルト:レクイエム(言葉と音楽で)
ラトヴィア放送合唱団 指揮:マンフレート・ホーネック
アムステルダム: コンセルトヘボウ
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
ラフマニノフ:交響曲第1番
ピアノ:藤田真央 指揮:リッカルド・シャイー

フェルメールはお好き? ドイツ4都市とアムステルダム10日間 音楽プログラムでご案内する演奏会の出演予定者

ご案内する美術館など(一例)
ライプツィヒ 聖トーマス教会
1222年創建のこの教会は15世紀末に三つの身廊をもつ現在のホール式教会に改造されました。宗教改革が導入された1539年の聖霊降臨祭にあたり、マルティン・ルターの説教も行われています。
ヨハン・セバスティアン・バッハはこの教会で27年間にわたり合唱指揮者を勤め、教会内に墓地もあります。

リューベック 聖マリア教会
1265 年から 1352 年の間に建てられた125mの2本の尖塔を持つこの教会は、ドイツにおける煉瓦造りのゴシック様式教会のなかで最も美しいもののひとつです。

*トーマス・マンゆかりのブッテンブロークハウスは長期改修工事中のため入場できません。
ハンブルク 聖ミヒャエル教会
1762年に最初からルター派の教会として建てられた北ドイツの伝統的煉瓦づくりのバロック建築です。ブラームスは1833 年 5 月 26 日にこの教会で洗礼を受けています。

ブラームス博物館
戦災で焼失したヨハネス・ブラームスの生家近くの建物をつかった小さな博物館です。
自筆譜、手紙、コンサートプログラム、写真などのほか胸像、自らも弾いたハンブルグのピアノ製造業者 Baumgardten & Heins によって製造されたスクエアピアノが展示されています。

アムステルダム ゴッホ美術館
1973年にゴッホ財団とアムステルダム市の協力で国立美術館として設立された世界で最も大きなゴッホのコレクションを持つ美術館です。油彩画約200点、ドローイング約400点、弟のテオとのやりとりをはじめとする手紙700点、ゴッホと親交のあったロートレック、ゴーガンの作品や、ゴッホ自身が収集していた浮世絵も収蔵されています。
美術館では、子どものための教育プログラムや最新の科学技術を使った作品の調査・修復も行われています。ヘリット・リートフェルト設計の本館に並び、1999年には黒川紀章設計の新館が建てられました。


アムステルダム国立美術館
1200年から現代まで主にオランダの美術品、とくに17世紀絵画を多く集め展示し、また国立研究所として美術品の保持、管理、保存、復元、研究もしています。2023 年 2 月 10 日から 6 月 4 日までハーグのマウリッツハイス美術館との協力で開催される「フェルメール展」は史上最大のフェルメール展になると公言しています。


クレラーミュラー美術館
フェールヴェ国立公園の真ん中に位置し、芸術と自然の個性的な組み合わせを提供するこの美術館は心を豊かに穏やかにしてくれる場所です。広大な彫刻庭園では、アリスティド・マイヨール、ジャン・デュビュッフェ、マルタ・パンらの彫刻を見ながらの散策も楽しめます。絵画ではクロード・モネ、ジョルジュ・スーラ、パブロ・ピカソ、ピート・モンドリアンら近代の巨匠の傑作を所蔵しますが、最大の見ものは「夜のカフェテラス」、「糸杉と星の見える道」など87点に及ぶゴッホ作品です。


利用ホテル: 全都市で演奏会場に便の良い4つ星以上のホテルをご用意しています。
ライプツィヒ: ライプツィヒ・マリオット・ホテル
Leipzig Marriott Hotel
ライプツィヒ中央駅から500m、目の前のショッピングモールの地下には大きなスーパーがある便利な1997年開業の4つ星ホテルです。ゲヴァントハウスまでは800m(徒歩12分)です。
ベルリン: マリティム・プロアルテ・ホテル・ベルリン
Maritim proArte Hotel Berlin
ベルリンの主要ショッピング街フリードリッヒ通りに面し、国鉄・地下鉄のフリードリッヒ通り駅へ200mと便利な立地にある4つ星ホテルです。フィルハーモニーまでは徒歩4分のバス停から6停留所(9分)です。
リューベック: パーク・イン・バイ・ラディソン・リューベック
Park Inn by Radisson Lubeck
旧市街への入口となるホルステン門と音楽会場となる音楽会議ホールまでともに250m(徒歩4分)という便利な場所に建つ4つ星ホテルです。
ハンブルク: ザ・ウエスティン・ハンブルク
The Westin Hamburg
エルベ川沿いに1963年に建てられた倉庫の上に載るように建てられたハンブルクの新しいランドマーク、エルプフィルハーモニー。その内部に2,100席の演奏会場とともに造られたのがこの5つ星ホテルです。演奏会場へは館内のエレベーターで行き来します。
ハンブルク: ザ・ウエスティン・ハンブルク

アムステルダム: ヒルトン・アムステルダム
Hilton Amsterdam
アムステルダムの運河沿いの静かな地区に位置している5つ星ホテルです。旧聞に属しますが、1969年3月に行われたジョン・レノンとオノ・ヨーコのベッド・インでも有名となりました。アムステルダム国立美術館へは1.5㎞(徒歩22分)、ゴッホ美術館へは1.3㎞(同19分)、2晩通うコンセルトヘボウへは1.0㎞(徒歩15分)、5分先の停留所からひと停留所です。
アムステルダム: ヒルトン・アムステルダム

■ 旅行代金: 767,000円(2人1部屋利用・お1人あたり)
* 旅行代金は6回の演奏会入場券代を含みます。燃油サーチャージ(9月27日現在107,000円)、各地空港諸税(同日現在23,210円)は含んでおりません。
■ 食事回数: 朝食8回、昼食4回、夕食1回
■ 最少催行人員: 10名
■ 旅程管理: 添乗員が同行してお世話します。
旅行企画・実施: テクニカル コミュニケーションズ インテリジェント ジャパン株式会社
東京都港区虎ノ門1-1-20 虎ノ門実業会館3階
観光庁長官登録旅行業第1139号 (社)日本旅行業協会正会員

詳しくは募集パンフレットにてご案内しますので下記へお問い合わせ・ご請求ください。
(受託販売)株式会社トレイド・ウィンズ・アソシエイツ
東京都知事登録旅行業第3-4939号
〒107-0052 東京都港区赤坂7-2-3 赤坂ジートルンク5F
Tel: 03(5775)5348  Fax: 03(5775)5429
営業時間:10:00~17:30(月~金)
総合旅行業務取扱管理者:佐久間貞暢
*旅行業務取扱管理者は、お客様の旅行を取り扱う営業所での取引に関する責任者です。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-5775-5348 10:00~17:30(月~金)

メールでお問い合わせはこちら